田舎暮らし

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>

今回のテーマは「【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>」です!

質問者さん
質問者さん
薪ストーブを導入したいけれど、メンテナンスって大変でしょう?
こっこ
こっこ
自分でできますよ!どうしてもダメなら業者に依頼するのでもいいですし!

 

こっこって誰?

◎田舎暮らし9年目

◎家をセルフリノベ、田畑、薪ライフ歴5年、家族4人暮らし

◎毎朝2時起床の継続型ブロガー

Twitterのフォロワー数約3,000人

 

こっこです。

薪ストーブを愛する田舎暮らし歴9年目のブロガー。

 

あなたはこう思ってませんか?

 

憧れの田舎暮らしで薪ストーブを使いたいけれど、メンテナンスが大変と聞いて躊躇している。

念願の薪ストーブを設置したけれど、煙突掃除って自分でどうやるの?

業者に頼むのいいけれど、費用がかかるのを抑えたい。

 

こういった人のために、今回は自分でもできる薪ストーブと煙突掃除の基礎を解説しますね!

 

この記事でわかること
  • 薪ストーブと煙突掃除の方法
  • メンテナンスの方法
  • 使用する道具
  • 掃除の時期や頻度
  • プロに頼んだ場合の料金
知りたい!
こんな人にささります

その結果あなたは

自分で薪ストーブと煙突の状態が把握できるようになる

費用の節約になる

メンテナンス道具が揃う

ができるようになります!

【注意】薪ストーブを設置しないでください。家が快適すぎてダメ人間になります。
【注意】薪ストーブを設置しないでください。家が快適すぎてダメ人間になります。あなたは薪ストーブを設置すると快適な暮らしになるということに興味はありませんか?本記事では薪ストーブを設置すると、どんな魅力があるのか?どうやって薪ストーブを導入したらいいのか?注意点は?などを体験を元に解説にしています。薪ストーブの設置に興味がある方、必見です。...

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>
こっこ
こっこ
自分でやる、薪ストーブと煙突掃除の方法はこうだよ!

 

メンテナンスの流れ
  • STEP1
    下準備
    薪ストーブ周りを養生
  • STEP2
    煙突掃除
    屋根から煙突掃除開始
  • STEP3
    薪ストーブ掃除
    部屋に戻り、本体掃除
  • STEP4
    薪ストーブ組み立て
    本体を元に戻し、煙突と接続
  • STEP5
    終了
    オイル塗って、片付け

 

大きく分けて2つの掃除になります。

「薪ストーブ本体」と「煙突」

掃除は「高いところから」が鉄則なので、最初は煙突からやっていきます。

自分で掃除をしてメンテナンスをするには道具が必要!

ずっと使い続けるものなので一気に揃えてしまおう。

 

前提として、こっこ家の薪ストーブで解説します!

使用機種はデンマーク産のAduro「アドゥロ」というストーブです。

 

薪ストーブと煙突掃除に必要な道具

質問者さん
質問者さん
薪ストーブと煙突掃除に必要な道具って、何を揃えたらいいの?

こっこ
こっこ
自分でやるなら、以下の物が必要です!

お使いの煙突の内径サイズと全長を確認して、⑤ロッドと⑧煙突掃除用ワイヤーブラシを用意してください。

ハシゴも5mでは届かない可能性があるので、7m以上が無難です。

その他、代用できるモノ、借りられるモノがあればそれでもOKです!

 

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>

 

  1. 命綱とヘルメット(あれば安全)
  2. グローブ(軍手)
  3. インパクトドライバー(ドリルドライバーや手回しドライバーも可)
  4. 耐熱塗料スプレー(煙突の色に合わせて!)
  5. ロッド煙突掃除棒(連結型で必要な長さ分、購入)
  6. 腰袋(あれば便利)
  7. ワイヤーブラシ(金ブラシ、真中ブラシなど)
  8. 煙突掃除用のワイヤーブラシ(⑤と連結)

 

屋根に上がる前提なのでハシゴも必要です。

おそらく7m以上は必要なので二段階ハシゴになると思われます。

 

ハシゴは安全確認をしっかりしましょう!

 

 

あとは養生(保護)やメンテナンスするために以下の物。

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>

 

  • ボロ毛布か引っ越し用マット
  • 養生シート
  • 養生テープ
  • ゴミ袋
  • 掃除機(安い掃除機でじゅうぶん!)
  • 小さなほうき、ちりとり
  • オリーブオイル(安いやつ)
  • ガラスクリーナー
  • ぞうきん

結構、多そうに思われるかもしれませんが、役割は単純です。

 

薪ストーブと煙突のススを取る
→ブラシ類

薪ストーブと煙突をキレイにする
→掃除機、ほうき、ガラスクリーナー

作業を保護する
→マット、養生シート

 

最初に揃えるのは面倒くさいかもしれませんが、毎年必要になってくるので、用意しましょう!

 

自分でやる!煙突掃除の方法

こっこ
こっこ
自分でやる煙突掃除の方法を解説!

 

まずは、室内の薪ストーブの周りの養生から。

養生シートを敷いとかないと、灰やススがつきます。

その後いよいよ、薪ストーブ本体と煙突の接続部分を外します。

 

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>

 

煙突をそっと上に持ち上げると、ススが落ちますがご愛敬。

薪ストーブ本体の下に毛布を入れ、乗せて滑らして移動。

煙突にはゴミ袋を養生テープでしっかり固定して、準備完了です!

 

1:道具をもって屋根に上がる

こっこ
こっこ
煙突掃除のためにまず、屋根に上がりますが危険な作業です、安全に行いましょう!

これが怖い人は仕方ないので、プロ業者に頼むしかありません!ここが大きな分かれ道になります!

 

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>

 

屋根に上がると、最短距離で煙突に向かわないようにしましょう。

必ず、少し高いところまで移動してから向かいます。

滑った際に、時間が稼げます。

 

屋根に持ってあがる道具
  • 命綱とヘルメット(あれば安全)
  • グローブ(軍手)
  • インパクトドライバー(ドリルドライバーや手回しドライバーも可)
  • 耐熱塗料スプレー(煙突の色に合わせて!)
  • ロッド煙突掃除棒(連結型で必要な長さ分、購入)
  • 腰袋(あれば便利)
  • ワイヤーブラシ(金ブラシ、真中ブラシなど)
  • 煙突掃除用のワイヤーブラシ

 

道具をもって上がるときが一番危険です。

腰袋に小物を入れ、掃除棒など長いものはテープでまとめ腰袋に固定すると、安全に両手を使って登れます。

 

こっこ
こっこ
忘れ物をすると、降りないといけないのでロスです

 

2人でできると受け渡しも安心ですね。

 

2:まずは自分の安全を確保と道具の設置

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>
こっこ
こっこ
僕は慣れてるのでノーヘルでやってますが、マネしないように!安全に作業しましょう

 

まず、命綱を「煙突と自分」に固定。

次に煙突のトップを外します。

この時に小さなビスを落とさないように細心の注意を!

腰袋は超便利。

外したトップ部分のススを金ブラシ類で取り除きますが、安全に行うなら一度、1階まで降りて地面で作業すると確実です。

 

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>

 

屋根で行うならススを踏むと足が滑るので、袋や段ボール内でやるのもオススメです。

 

3:ロッド(煙突掃除棒)で煙突内のススを落としていく

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>
こっこ
こっこ
僕のロッドはネジ式連結で1本90cmです 

 

これを屋根で組み立てながら、煙突トップを外した部分から付け足しながら挿入していきます。

回転させなくていいので、上下に動かしながら下に進んでいきましょう。

 

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>

 

神経質にならなくても大丈夫。

室内の煙突の出口につけたゴミ袋まで先端のブラシが届いたら、今度は引き上げです。

往復でブラシがけできるので、充分。

これで煙突掃除は完了!

 

4:煙突トップを戻し、状態をチェックし終了!

質問者さん
質問者さん
これで煙突掃除は終わりなんだね、なんか早い!トップも忘れずにビス留めだね~

 

ビスを落とさないように、煙突トップを戻します。

あとは、耐熱塗料をはげている箇所にスプレーしておきましょう。

 

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>

 

屋根の上で煙突をチェックする項目は以下。

 

  • 防水シートが劣化して穴が開いていないか?
  • コーキングがとれていないか?
  • 煙突自体の固定が緩くないか?
  • 付近の瓦(ルーフ材)が壊れていないか?

 

全て雨漏りの原因になるのでチェックしましょう。

必要ならばコーキングやパテなどを買ってきて埋めるようにしてください。

 

手に負えない不備ならプロ業者が無難です。

以上を全て終えたら、気をつけて降りてきて作業終了!

次は後半戦、室内での薪ストーブ本体の掃除です。

 

自分でやる!薪ストーブ掃除の方法

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>
こっこ
こっこ
次は薪ストーブ本体の掃除とメンテナンスだよ!

 

真っ先に煙突の出口につけていた、ゴミ袋をはずしてススの状態をチェックしましょう。

コーヒーの粉のように細かく均一ならばいいススです。

しっかり乾燥した薪を使い、いい燃え方をした証拠です。

つまりここで、直近の冬の薪ライフの成績発表タイム!

良くないススは、ボソボソの塊で、危険なサインなのでしっかり乾燥した薪を使うように改めてましょうね。

 

未乾燥の薪を燃やし続けると煙突内にススがこびりつき、たった3mmの厚さでも煙道火災の原因になるので要注意です!

 

1:薪ストーブの天板を外し、ススや灰を取り除く

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>
こっこ
こっこ
薪ストーブの天板を外すと、ススがあるので取り除こう!

 

取り切れなかったら、ストーブ内に落としてもOK。

うちの「Aduro」は六角ネジで固定されてるだけなので、カンタンに外せます。

いきなり掃除機で吸うと目詰まりするので、まずはちりとりなどで取っていきましょう。

上から順番に掃除していく流れです。

 

2:薪ストーブ内の外せる部分を外して、ブラシかけ

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>
こっこ
こっこ
これは機種によって分解整備の方法が違うので注意してください!

 

外した部品、一つ一つを磨いて灰やススを取っていきます。

壊れていないか、ヒビや割れがないか確認しながら行いましょう。

 

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>

 

海外の輸入ストーブはパーツが日本にないこともあり得るので、壊さないように丁寧に扱います。

手の届く箇所を徹底して金ブラシでこすり、細かい灰は掃除機で吸っていきましょう。

最後は一番下の「灰受け」にたまった灰を捨てて、薪ストーブのすき間のホコリや灰も吸い上げましょう。

 

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>

 

ここまでできたら、逆順で組み直しをしていきます。

けっこう、忘れてしまうので写真を撮っておくのがオススメ!

 

3:薪ストーブのガラスを磨く、ガスケットを確認する

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>
こっこ
こっこ
薪ストーブのガラス面を磨いていこう!

 

炎がきれいに見えるように、内側からしっかりぞうきん等で拭き上げましょう。

水拭きで取れなければ、ガラスクリーナーなどでやってください。

 

ここはそんなに難しくないですね。

でも絶対に確認して欲しい箇所が「ガスケット」と呼ばれるグラスファイバーでできた紐のような部分。

ガラス扉を閉めた時のすき間を防ぎ、薪の燃焼を促してくれる大切な部品。

消耗品ですので、取れたり、ボロボロになっていたら交換です。

 

あと、見た目では異常がなくても実はガスケットロープが痩せてしまい、扉の密閉度が落ちてる場合があります。

そんな時の確認方法は、千円札などを挟んで扉を閉じて、そっと引き抜いてみてください。

 

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>

 

全く抵抗なく「スルッ」と引っ張り抜けたら、ガスケットロープが機能していない証拠、交換が必要です!

 

ガスケットロープ(ファイバーロープ)も太さのサイズがあります。

取り外したものはすぐ捨てずにサイズを測って、新しいものを購入しましょう!

 

4:薪ストーブを元の位置に戻し、煙突とつなげて終了!

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>
質問者さん
質問者さん
これで終わりだね!薪ストーブと煙突を再び合体~

 

もう一度、毛布マットを滑らして、薪ストーブ本体を煙突の真下に誘導。

煙突を下ろして連結完了!

最後に金属保護のために「オリーブ油」を塗ります。(安いヤツ)

 

こっこ
こっこ
錆びている箇所はとくにしっかり塗ろう!

 

サラダ油でもいいですが、機種によっては指定があるので確認してから油(オイル)を用意してください。

これでシーズンオフを迎え、ストーブを保護します。

養生シートを外し、道具を片付けたら薪ストーブと煙突掃除、メンテナンスは完了!

 

煙突掃除は室内で「下から」ブラシがけして、ススを落とせないの?

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>

 

下からの掃除だと屋根の上がらずに、煙突内のスス落としが可能。

 

  1. 先端ブラシを少しだけ煙突に入れておく
  2. 袋をセットする
  3. 小さな穴をあけてロッドを入れる
  4. なんとかネジで連結
  5. どんどん付け足して上に進む

 

これが手順になります。

袋が破れると大惨事なので注意!

 

質問者さん
質問者さん
いいじゃん!このやり方!最初から教えてよ!

 

ただしデメリットもあります。

屋根や煙突トップ部品の状態が把握できないこと。

煙突トップ自体のスス落としもできないということです。

ちなみにこういう便利な袋もありますよ。

 

こっこ
こっこ
煙突内のススは落とせても、他のチェックができないのが残念~

 

台風や大雪が全くなく、薪ストーブの使用もそれほどない年なら、下からの掃除だけでもいいかもしれませんが、基本は1年に1回は煙突トップの状態も確認しましょう。

 

薪ストーブや煙突掃除の時期と頻度は?

質問者さん
質問者さん
薪ストーブや煙突掃除の時期と頻度は?

 

答えは「なるべく早く」と「1年1回」が基本!

掃除やメンテナンスの時期

薪ストーブと煙突掃除の時期はシーズンオフ中であれば、いつでもいいですが、なるべく早くしたほうが安心です。

なぜなら、不備があった場合に修理したり、部品を取り寄せたりできる「時間」が確保できるから。

冬の使用が終わって、暖かくなってきたら(5月~7月)が無難です。

 

こっこ
こっこ
ちなみに、今回は8月にやったけど、屋根が暑すぎて危険なので、早朝7時から開始しました、苦肉の策。涙

 

掃除やメンテナンスの頻度

1年に1回をオススメします。

屋根に上がらず、室内の煙突を「下から」ブラシ挿入で掃除をする方法もありますが、ススは落とせても、煙突トップの状態を確認できません。

これだけ台風などの自然災害が増えた今、屋根の煙突の状態を確認するのは必須!

 

こっこ
こっこ
実は例外もあります!

 

煙突を曲げて設置してる場合や、シングル煙突を利用してる場合はシーズン中に最低でも2回は掃除をオススメします。

理由は以下。

 

  • 曲げた部分にはススが溜まりやすいから
  • シングル煙突は冷却されやすく、ススがさらに溜まりやすい
  • シングル煙突+曲げて設置はさらにススが溜まる

 

煙突の基本は我が家のように「まっすぐストレート出し」です。

しかし、構造材が邪魔をしてまっすぐに抜けないお宅は、45度など煙突を曲げてから外に出します。

あとは費用がなく、安価な薪ストーブと煙突を設置した場合、典型的なのが「シングル煙突」です。

 

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>

 

ホームセンターで手に入るので導入しやすいのですが、断熱能力が乏しく、外気に触れると急激に冷やされすぐにススやタールで内側が汚れます。

つまりそれだけ煙道火災になりやすいので、シーズン中の掃除は必須。

長期的な薪ストーブの運用は断熱構造の二重煙突をオススメします!

 

ちなみに僕は使ったことはありませんが、曲がった箇所のある煙突掃除には、柔らかい煙突掃除ロッドもあるので、そちらを使ってください。

 

薪ストーブと煙突掃除をプロの業者に頼んだ場合

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>
質問者さん
質問者さん
薪ストーブと煙突掃除をプロの業者に頼んだ場合の料金は?

 

僕は友人の薪ストーブ屋と一緒に薪ストーブを設置しました。

なので仕組みがわかり、点検方法も学びましたが、念の為に一度だけ掃除とメンテナンスに来て貰いました。

その時の費用は2万円。

そしてネットで検索するとおよそ2万円から5万円が相場のようです。

 

こっこ
こっこ
自分で屋根に上がらずに掃除がキレイにできるなら安いかな??

 

この辺りの評価は個人差がありますね。

毎年、2万~5万かかるのは高額のような気もしますし。

できれば自分でやりたいですが、分かれ道は「屋根に上がれるか」どうか。

怖くて不安ならプロの業者に頼むしかありません。

 

薪ストーブと煙突掃除を自分でやる方法のまとめ

【自分でやる!】基礎から学べる薪ストーブと煙突掃除の方法<田舎暮らし歴9年が解説>
今回学んだこと
  • 道具をしっかり揃えるこ
  • 道具のサイズを確認すること
  • 屋根に上がれるかどうかが、分かれ道
  • 養生+煙突掃除+薪ストーブ本体の3つの流れ
  • プロ業者に頼むと安全だが料金は2万~5万円
  • 実は下からでも掃除はできる
  • 1年に1回の掃除とメンテナンスがオススメ

 

薪ストーブの導入で悩んでいる人は、少しメンテナンスの方法が分かったのではないでしょうか?

「屋根になんて上がれない!」と思った人もいて、当然です。

 

こっこ
こっこ
しかし、知識として今回の内容を把握しておこうね!

 

プロ業者に頼んだ際に「どんな目的で、何をしているのか?」が理解できますし、高すぎる料金請求も回避できます。

僕としては薪ストーブはずっと使うものなので、自分で掃除とメンテナンスをしていくつもりです。

そのためには、安全で便利な道具を最初にしっかり、揃えること。

これがポイントです。

必要な道具を見に戻る

 

そして、薪生活の最も重要なことは「乾燥した薪」を使うこと!

 

煙突の汚れも、薪ストーブの負荷も変わってきますし、近所への煙のクレームも防げます。

薪の集め方や保管の方法について薪は購入でも無料でもとにかく365日集めよう!【分かる集め方】で解説しています。

あなたも田舎暮らしで薪ストーブを楽しんでみませんか?

夢が叶うことを応援します~。

では、また!

こっこ
こっこ
また役立つ情報発信していきます!
twitterフォローもお願いします!!
【初心者向け】 薪割りは手斧、手動式、エンジン式?3つの方法とコツを解説
【初心者向け】薪割りは手斧、手動式、エンジン式?3つの方法とコツを解説あなたは薪割りには斧、手動式、エンジン式の3つの方法があるの知っていますか?本記事ではそのコツと方法、注意点を初心者向けに解説しています。薪割りをしてみたい人、必見です。...
感想ツイートはこちら透明
暮らしをコンテンツに。

 

WordPressブログの作り方がわからん!初心者を救う【超簡単】手順公開!

あなたの素敵な移住も、悩みや失敗も
「誰かの教科書」になる。

Coccoblogはブログ初心者を応援!

30枚以上の画像と解説で、
ブログ立ち上げお手伝い!

ブログの作り方をみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です