移住

【徹底比較】田舎移住するなら別荘地はおすすめ?それとも集落?

今回のテーマは「【徹底比較】田舎移住するなら別荘地はおすすめ?それとも集落?」です!

質問者さん
質問者さん
田舎移住するなら、別荘地と集落とどっちがいいのかなぁ?
こっこ
こっこ
いい質問!特徴を見ながら比較してみましょう~

 

田舎暮らしで住む場所はメインテーマ。

それによって生活スタイルも大きく変わるよね。

はっきり言って、移住先は星の数ほどあるけれど、住居をかまえる場所は単純に2つしかない。

それが別荘地か集落か。

そしておすすめは別荘地なのか、集落なのか!?

移住者の素朴な悩みを解決していこう!

 

この記事でわかること
  • 別荘地、集落のメリット
  • 別荘地、集落のデメリット
  • 「物件」で選ぶなら・・
  • それぞれの注意点
知りたい!
こんな人にささります

この記事は

・これから田舎に移住する予定の人

・別荘地の特徴を知りたい人

・集落の特徴を知りたい人

に役立ちます!

こっこって誰?

◎田舎暮らし9年目

◎家をセルフリノベ、田畑、薪ストーブ、集落で家族4人暮らし

◎毎朝2時起床の継続型ブロガー

Twitterのフォロワー数約3,000人

【まとめ】田舎暮らしの移住の方法、最強のロードマップ
【まとめ】田舎暮らしの移住の方法、最強のロードマップ田舎暮らしの移住の方法をまとめてあります。これから田舎暮らしをしたい人、現在、移住計画をしている人、家族で田舎暮らしを考えている子育て世代の人、何から準備したらいいか分からないですよね?このまとめ記事で全ての行程が分かります。ど素人から田舎に移住して9年目の筆者が体当たりで解決してきた方法をまとめて紹介します。...

田舎移住するなら別荘地はおすすめ?それとも集落?

【徹底比較】田舎移住するなら別荘地はおすすめ?それとも集落?

田舎移住するなら別荘地はおすすめなのか?集落とどう違うのか?特徴を見ていこう。

別荘地の魅力は?そのメリットを考える

質問者さん
質問者さん
別荘地は移住者におすすめなんでしょうか?メリットってなんだろう? 

 

そもそも別荘地とは都会の人が「避暑地」や「リゾート気分」を味わうために一時的に利用する別宅の集まったエリアでした。

日本で一番別荘が多いのが長野県と言われてるのも納得です。

それを踏まえた魅力的なメリットはコレ。

 

  • 景色などがいい立地が多い
  • 地元民の中に飛び込まなくてもいい

 

別荘地とは基本的に「都会の人」の向けてリゾート感覚を味わって貰うための第2の家。

なので、立地条件は比較的よくなります。

あとは、なんと言っても、「集落の自治会や人間関係」から距離をとれること。

別荘地を好む人は、静かに自分のペースで暮らしたい人に人気です。

 

別荘地の特徴とそのデメリットを考える

【徹底比較】田舎移住するなら別荘地はおすすめ?それとも集落?
質問者さん
質問者さん
別荘地の特徴とそのデメリットはなにかな?

 

別荘地の特徴を考えた時に、まず思い浮かぶデメリットはコレ。

 

  • 更地の場合、合併浄化槽や電気、水道を引かないといけない
  • 山林地なら敷地の木の管理が大変
  • 実は除雪が大変

 

もともと家が建っていて、そこを中古で購入するならいいのですが、土地だけの別荘地の場合、費用が結構かかります。

また、別荘地の多くは山林地にあり、木に囲まれてることが多いので管理が大変。

 

こっこ
こっこ
でも、その敷地の山林で薪を採ったり、山菜も採ったりできるので恩恵もあるよ!

 

別荘地は町の中心道路から離れたところに立地があることが多い。

なので雪国では除雪車がなかなかこなかったり、別荘地自治会で協力して除雪をしたりしないといけない。

投雪機が各家庭にあるのも納得できる大変さです。

 

こっこ
こっこ
あと気になるのが、土地価格と別荘住宅の価値の下落

 

-公示地価にダマされるな! 2018年発表の公示地価が”全国的に上昇”は本当か? 不動産鑑定士が自治体に”忖度”して公示地価が下がらない地方の実態を暴く!ダイヤモンド・ザイ2018年5月7日公開より引用-

 

  • そもそも別荘を使う人(お金持ち)が減った
  • 個人主義になり、ファミリー向けの大きな別荘地に空きが増えた
  • 地方の衰退と比例して、全ての土地価格も下落しているから

 

じつは2020年時点では緩やかな回復傾向にあるけれど、実態はまだまだ厳しい。

なので廃墟になった別荘地あるし、超格安物件もじゃんじゃんでてくる。

別荘余りだね。

怪しい物件や安すぎる物件は、あとで別費用がかかったりするし、何か特別な条件があるので絶対に即決しないように気をつけよう!

そして別荘地に関してはほぼ地元の「宅地建物取引業者」が「免許」をもって紹介などをしてるので、相談するといいでしょう。

引っ越ししたら電気も安くてエコな会社に替えちゃいましょう!
【いま知りたい!】おすすめの新電力を徹底比較<エコな田舎暮らしをめざして>

集落の魅力はどうだろう?メリットを考える

【徹底比較】田舎移住するなら別荘地はおすすめ?それとも集落?
質問者さん
質問者さん
では集落の魅力はどうだろう?メリットは?

 

集落の魅力とメリットはコレ。

  • 雰囲気と歴史のある物件に出会える
  • すでに住宅がある
  • インフラが整っている

 

一般人が別荘地で購入できる在来工法の古民家などはまず存在しません。

存在するとしたら著名な建築家が作った美術品レベルの家屋だと思います。

普段、あなたが田舎暮らしの雑誌やサイトで見る家は、集落物件がほとんど。

そして、移住者でわざわざ集落の中の更地を購入して、家を建てる人もあまりいませんし、そういう選択をする人は地元民の2世、3世が親に建てて貰うパターンです。

なので田舎暮らし移住者は中古住宅を選ぶ人が多いです。

 

集落の特徴からデメリットを考える

【徹底比較】田舎移住するなら別荘地はおすすめ?それとも集落?
質問者さん
質問者さん
集落の特徴からわかるデメリットは??

 

集落の特徴を考えた時に、思い浮かぶデメリットはコレ。

  • 歴史のある集落の自治会に参加
  • 人付き合いの距離感

 

自治会の決まり事の深さはかなりあります。

歴史があるので、みんなそのルールには従いますから、もしあなたが「おかしいなぁ?」と感じていてもなかなか言い出せる環境ではありませんね。

あとは、集落は「関わり合って」行事や作業をするのが慣習です。

とてもいい近所の人たちに囲まれれば最高ですが、気難しい人ばかりだとストレスはかなりあるでしょう。

田舎移住ならおすすめは別荘地と集落のどっち?比較して確認!

【徹底比較】田舎移住するなら別荘地はおすすめ?それとも集落?

田舎移住ならおすすめは別荘地と集落のどっち?比較して確認!

別荘地メリット
  • 立地がいい
  • 集落のような人間関係がない
  • 自分のペースで暮らしやすい
別荘地デメリット
  • インフラが未整備のことも
  • 土地の管理が大変
  • 除雪が大変

 

良くも悪くも「自分でなんとかする」というアプローチの方法になっていきますね。

その分マイペースで暮らしやすい。

 

集落のメリット
  • 古民家などの物件が豊富
  • インフラが整っている
  • もともと住宅がある
集落のデメリット
  • 自治会などの参加と回数の多さ
  • 近所付き合いの当たり外れ

 

 

素敵な中古物件に出会えるのは集落ですが「団体」で暮らしていく意識が高いので、挨拶すらおっくうで、面倒くさい人はまず無理。

では次は、もっとも移住者が気になるポイントを解説してみます!

 

別荘地がおすすめ!住宅をゼロから建てたい移住者向き

【徹底比較】田舎移住するなら別荘地はおすすめ?それとも集落?

田舎移住で大きなテーマが「住宅」

別荘地がおすすめなのはゼロから家を建てたい「セルフビルダー」や「ログハウスビルダー」の移住者

集落の中の売り地でもできるけれど、立地と周囲の環境を考えると、圧倒的にこの選択をする人が多い。

 

質問者さん
質問者さん
確かに、ログハウスって別荘地にばかり建ってるもんね

 

別荘地がおすすめなのは、区画整備されていて更地ならゼロから設計しやすいところ。

自宅をセルフリノベして、一部解体作業もした僕が感じたのは「改修よりもゼロから作った方がカンタンやな!」ということ。

中途半端な制約がないので、むっちゃやりやすいハズ。

別荘地はゼロから設計して住居を作りやすい

 

集落がおすすめ!古民家などの物件をリノベしたい移住者向き

【徹底比較】田舎移住するなら別荘地はおすすめ?それとも集落?

集落がおすすめなのは古民家などの物件をリノベしたい移住者さん。

ここ最近、リノベーションブームですが、そのもとになるいい物件というのは、なかなか別荘地に存在はしません。

田舎暮らしに憧れる移住者の多くは「在来工法=在来軸組工法」と呼ばれる、日本式家屋の造りに興味がありますね。

  • おしゃれに梁をみせたい
  • 漆喰壁を塗りたい
  • 和室が欲しい

 

そういった夢を叶えるならば、集落にある空き家物件を狙うのがおすすめです。

 

こっこ
こっこ
僕も集落にあった空き家を購入し改修しています

古い家屋+新しいモノが産み出す、特別な価値は唯一無二のもの

 

別荘地や集落に田舎移住する人が注意すべきポイントは?

【徹底比較】田舎移住するなら別荘地はおすすめ?それとも集落?

別荘地や集落に田舎移住する人が注意べきポイントも見ておきましょう!

別荘地をおすすめされたら注意すべきこと

こっこ
こっこ
宅建業者に別荘地をおすすめされたら、何に注意したらいいかな?

 

別荘地の注意点
  • 地目の確認
  • 接道義務
  • 上下水道、浄化槽

 

「地目」(ちもく)というのはその土地の「使い方」をあらわしたもので、「農地」や「宅地」といったものがあります。

一番やってはいけないことが「市街化調整区域」の別荘地を選ぶこと。

そもそもそんな所を「別荘地」っぽく売り出してるのもどうかと思うのですが、「市街化調整区域」はさまざまな理由で「住宅」を建てるのを見合わせてる土地です。

なので土地をルンルンで買ったものの、いざセルフビルドで建てようと思った矢先にストップがかかると大損ですよね。

 

こっこ
こっこ
不親切な業者にあたると教えてくれない!

 

「接道義務」とは住居を建てる時には、決められた道路と2mは土地が接していないといけない、というルールです。

なのでコレを満たしていないマニアックな別荘地を買うと、家が建てられない、または余分に工夫しないといけない場合がでてきます。

最後が、インフラの一つ「上下水道」

なにもない土地から家を建てる場合は、合併浄化槽も設置しないといけないので、費用もかかりますし、行政に申請して水道もひいてもらわないといけません。

この問題を解決するならば、別荘地の中古物件を買って住むか、改修するか。

インフラ問題は費用がかかるので要注意ですね!

こういった「地目」や「接道義務」に関しての情報も宅地建物取引主任者がいる業者で確認ができます!

 

さらに個人でも別荘地やその付近の隠れ物件の情報は集めておきましょう、現地の宅建業者とも話が合いやすく、スムーズに紹介までたどり着けます。

相場価格もわかるので、現地訪問までに自宅でネットや物件情報の取り寄せで研究しておくのが賢いやり方。

カンタン無料登録でポータルサイトに掲載されてない非公開物件も届く
タウンライフ不動産が便利。

46都道府県対応なので気になる地域の情報も集まりやすくなる。

まぁ、ダメ元でもいいので無料資料請求ならやっておいて損はないでしょう。

 

集落をおすすめされたら注意点すべきこと

【徹底比較】田舎移住するなら別荘地はおすすめ?それとも集落?
質問者さん
質問者さん
集落をおすすめされたら注意すべきことは?

 

集落の注意点
  • いきなり物件購入はやめよう
  • 空き家の状態を徹底して確認
  • 近所の特徴を知る

 

はい、coccoblogのおなじみのフレーズ発動です。

「お試し移住」しましょ、「仮住まい」しましょ、「借家」から始めましょ。

段階を踏むことによって、物件情報がもっと集まりますし、あなたの田舎力(DIY、体力、人脈)もレベルアップしていきます。

その中で気になる集落の情報を集めていきましょうよ。

特にコレ

 

  • その集落や気になる空き家の近所の特徴を知る
  • その集落に他に移住者がいないか調べる

 

やはり、集落の中の中古物件を狙うなら、その集落の特徴も知っておきましょう。

 

  • 「移住者に寛容か?」
  • 「他に移住者はいないか?」
  • 「自治会に他にはない特別なルールがあるのか?」
  • 「近所に有名なトラブルメーカーがいないのか?」

 

こっこ
こっこ
ぼくの住む田舎では実際に移住者がトラブルを起こして、「移住者なんてもう、くるな!」といってる集落も存在します・・。 

 

めちゃくちゃいい物件に出会えても、その周辺の情報を疎かにすると・・、プチ地獄ですよね?

集落は別荘地よりも「物件+地域性」に重点をおいて考えましょう!

(もちろん別荘地にも、別荘地特有の自治会や人付き合いがありますよ。集落よりも緩いです)

いい情報は先輩移住者や田舎インフルエンサーからゲット!
インフルエンザになったついでに田舎インフルエンサーの魅力について考えてみた

 

質問者さん
質問者さん
こっこさんみたいに順調に段階をふんでOKなら、家選びはどうしたらいいですか??

 

徹底した「空き家見学」を繰り返しましょう!

中古で安いといえども「高い買い物」には変わりないですしね。

家選びに関しては以下を参考にしてください、僕の経験の全てが網羅されます。

必ずお役に立てますから!

 

 

さぁ、田舎移住するならどっちを選ぶ?別荘地それとも集落?

【徹底比較】田舎移住するなら別荘地はおすすめ?それとも集落?

さぁ、田舎移住するならどっちを選ぶ?別荘地それとも集落?

まとめ
  • 別荘地はマイペースで暮らしやすい
  • 別荘地特有の土地問題に注意すること
  • 宅地建物取引業者をつかうこと
  • 集落は素敵な在来工法物件が多い
  • 集落へはしっかり調査してから、入ること

それぞれに移住者にとってメリット、デメリットがありましたね?

どちらにせよ、カンタンには決めず現地に何度も通って、今日お伝えした注意点を中心調べることをオススメします!

親身になってくれる宅地建物取引業者に出会えると、心強い!

地域の別荘も集落の空き家も把握してる可能性があるので、評判のいい業者をお試し移住中に聞き込みしておきましょう!

 

こっこ
こっこ
もちろん、あなたも現地に来る前にも、気になる地域の物件情報は目を通しておきましょうね!

 

土地や空き家の相場がわかれば、それだけ現地入りした時の調査効率が変わるのは目に見えてますもんね?

 

タウンライフ不動産で非公開物件情報を無料資料請求でゲットしつつ、教えて!goo × 地方創生プロジェクトでも同じく登録して、集落物件情報も届くようにしておけば、まずはOK。

 

少しでも戦略的に効率よく探すなら、使えるサービスは利用しておきましょう、無料ですし。

別荘地でも集落でも、どちらでも田舎暮らしはできるので、あなたの生活スタイルと作り上げたい家の形をイメージして考えてみてくださいね!

参考になれば、では!

こっこ
こっこ
また役立つ情報発信していきます!
twitterフォローもお願いします!!
最新2020年「住みたい田舎ランキング」発表。移住先選びのコツ5選
最新2020年「住みたい田舎ランキング」発表。移住先選びのコツ5選あなたは住みたい田舎をどうやって探せばいいのか知りたくはありませんか?本記事では住みたい田舎を探す5つのコツを紹介しています。田舎に移住を考えていて、移住先選びに悩んでいる方必見です。...
感想ツイートはこちら透明
暮らしをコンテンツに。

 

WordPressブログの作り方がわからん!初心者を救う【超簡単】手順公開!

あなたの素敵な移住も、悩みや失敗も
「誰かの教科書」になる。

Coccoblogはブログ初心者を応援!

30枚以上の画像と解説で、
ブログ立ち上げお手伝い!

ブログの作り方をみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です